日本の文化であり生活に不可欠な印鑑について

日本の文化はたいへん古い歴史があり、現在でも
続けられているものが生活の中に溶け込んでいます。

印鑑についても生活のいろいろな場面で登場します。

例えば何か荷物が届いた時に宅急便などの
配達の人に、確かに荷物を受け取りましたという
証明になる印鑑を 配達の伝票に押印します。

この印鑑は安易に手に入れることが
できるようなタイプの印鑑です。

ところがもっと需要な書類に使う印鑑は、本来は
二つとない世界でただひとつの印鑑であるべきです。

それは、重要な書類についての責任を
その印鑑が証明することになるからです。

こういった印鑑は役所で印鑑証明という形式で、
その印鑑に対する重要性がもたらされます。

貴重な印鑑をどのように考えるのか?

役所で印鑑証明を作るくらいに重要な印鑑は手彫りで
世界にふたつと無いというような貴重なものです。

これによって不動産の売買など大金が
動くような事務手続きが間違いなく行われます。

こうした手彫りの印鑑は彫られる字に
ついても専門家が偽造されないように
工夫を凝らしたものになります。

印鑑の素材についても、貴重なものが
使われることが多く象牙なども使われます。

特にマンモスの象牙などは貴重で、
印鑑としての用途の他に持っているだけで
財産としての価値もあります。

~運を引き寄せる印鑑とは!?~

昔から印鑑を押す時には、きちんとその彫られた面を
見て上下左右がきれいに押印できるようにします。

これはただ単にきれいに押印することが目的ではなく、
印鑑を押すことが大きな責任を負うことにもなるため、
しっかりと自覚をすることを促すためと言われています。

大事な印鑑ですから、押印するごとに幸せが
引き寄せられるようなものが大事です。

安い印鑑ではなく、自分のために丁寧に彫られた
印鑑は、しっかり考察された字体にも印鑑の
素材にも作り手の集中した思いが入ります。

プレゼントにも適している開運印鑑とは!?

こうした印鑑を持つことで、自信が芽生え責任を
感じるようになるので、成人のお祝いに
プレゼントされることも多いようです。

大事な印鑑をマンモスなど貴重な素材で
作って、運を引き寄せる効果を持たせれば、
より喜んでもらえるでしょう。

コメントを残す