開運印鑑についてどれだけ知っていますか?

開運というと、よく風水などで、「成功運」や、
「愛情運」などをよく聞きます。 実は、印鑑にも
開運を願う印鑑を作る場合があるんです。

それが「開運印鑑」です。

しかし、開運印鑑は風水みたいに運気を上げようとか、
悪い運気を追払おうとする為の道具ではありません。

あくまで込める運は「親からの願い」です。

もし、あなたが結婚をして、妊娠して、
子供が産まれたら、まず、名前をつけますよね。

その時に、お子様の下の名前が彫ってある
印鑑を、記念に作ってはいかがでしょう。

どのように開運印鑑に願いを込めるのか?

女の子には「優しく、美しく育ってほしい」と
思いがあれば、名前は「優子」や「美優」など。

男の子なら、「逞しく育ってほしい」と
願いを込めるのであれば、「たくま」や「勇」など。

後は、お祖父ちゃんとお父さんと同じ
漢字を入れようとしたりしますよね。

親が子供に託す願いは人それぞれあると思います。

そうした親の愛情を受けて、子供は
すくすく育っていかれると思います。

お子様への思いを開運印鑑に込める?

何年もたって、お子様が大きくなり、「どうして私の
名前は美優なの?」や、「どうして僕の名前は勇なの。
もっと他の名前が良かった。」と、
言ってくる時が必ずあると思います。

そんな時に、名前の由来や、親の愛情が込められた
事をお子様に教えてあげたら
どんなにお子様が喜ばれる事でしょう。

そして、産まれたときに記念に印鑑を作った事を
教えてあげて、本物を見せてあげたら、
もっとお子様は喜ぶと思います。

頑張れるように開運印鑑を作成しよう!!

そして、お子様は、両親の愛情に感謝して、
「両親の願った通りの大人になれるように頑張ろう!」と、
思うお子様もきっといらっしゃるはずです。

そうしている内に、お子様がもっと大きく育った時、
願いを込めた通りの大人に育つと思います。

そして、社会人になった時や、結婚した時に、産まれた
ときに作った印鑑を渡せば、お子様は喜ばれるはずです。

開運印鑑とは、こうした親の愛情や、お子様への
願いなどの気持ちを込めた印鑑です。

皆様、ぜひ、お買い求め下さい。

コメントを残す